夢分析

  夢分析 by ジェシカ
  自分で見た夢を、自己流心理学で分析しています!
  「夢は泥にまみれた金貨だ」という表現に本で出会いました。
  私にとってはインスピレーションの源です。
  夢分析を実生活に反映できたらな、と思ってます。

2006年04月


文化祭で何人かとギターの伴奏をする事になった。しかし、私はギターが弾けない。
「無理です。ピアノだったら少しはできるかも」と言うと、
「やればできる」と言われた。
考えていたら、別の人に、
「出来ないんだったらやめた方がいい」と言われた。

分析
伴奏っていうのは、人に合わせて演奏する事だよね。
すっごくマイペースの私には、それは無理。
だから、ギターだ、ピアノだ、っていう問題ではなくって、伴奏自体をやめた方がいいって事だね。


 知り合いがモノレールに乗って大学に勉強しに行っていると言う。
 いいなー、と私が言うと、
 でも子どもは家で一人で待っていると言う。
 それもかわいそうだな、と思う。

分析
 前も何度かモノレールの夢を見た。
 もしかして、天空の乗り物?
 それに大学って知識を仕入れる所だから、もしかしてアカッシックレコードのある所?
 子どもを置いておくのはかわいそうだけど、子どもも何かも象徴なのかもしれない。


学校の教室でパーテイをした。
一番前の席に座っていた人に、あなたオガワさんね、と言われた。
それは私の旧姓なので、知っている事にびっくりした。でも、実はその人は、同じ高校で寮でも一緒の人だった。一年以上もどうして気がつかなかったんだろう。
それから友達が来た。友達はフリルのついたきれいな服を着て、派手だった。私は古い服だったので、後悔した。
みんなでお弁当を食べた。

分析
昔の私を知っている人が現れるという事?
それと、最近自分の旧姓を使いたいという気持ちがある。実生活だと難しいけど、パソコン上だと、メルアドとか、ブログだとかで、簡単に実現するのが楽しい。名前を替える事で色んなパーソナリテイが演じられるような、そんな感じ。
服はね、確かにけっこう何年も前の服を着てるので反省。
でもね、それは象徴であって、いつまでも同じ価値観でいたらつまんないよ、っていうメッセージなのかもしれない。


眼鏡をかけたオタク風の男の人の事がすきになった。その人に会いにいこうと思って、ローカル線で豊何とかっていう駅に向かう。
途中の乗り換えで反対向きの線に乗ってしまう。二つ目で気がついて降りるけれど、反対側のホームに行こうと思って、地下の階段に行くと、大理石でできていて、こけがついている。おまけに、大きい彫像なんかがある。
反対側のホームに行くと、すぐに電車が来る。人はさっきより少ない。

分析
何だかわからないけど、その大理石の彫像が、インデイージョーンズに出て来るやつみたいで不気味だった。人類共通のイメージというやつでしょうか?
今日は、眼鏡はかけてないオタク風の人と会った。その人と今後何かかかわりがあるのでしょうか?


 高校に行くのに遅れに遅れ、とうとうお昼ごろになってしまった。もう、帰る人も二人いる。
 行ったら、みんなの前で自分の夢を発表する事に。
 「自分の名前で普通に出版したい!みんなからサインを求められたい」って発表した。

分析
 夢の中の自分の夢ってのが、まあ本当の夢なんだよね、正直に言うと。
 でも、こんなに夢の中ではっきり宣言するってのも、なんか珍しい。
 それと、高校に遅れるってのは良く見る夢なんだ。でも、お昼ごろってのは、遅刻どころじゃないね。第二ステージって感じ。それでもいいけど。


 友達と一緒に入ってビールと一緒に定食を食べる。
 食べ終わっても物足りないので、何かを追加しようと思う。 
 無料サービスがあったので、ビールのピッチャーと枝豆を貰う。しかし、お店の人に300円請求される。
 いい子だから、300円でいいよ、とお店の人が言う。
 友達がお金を持っていなかったので、私が300円だす。

分析
 お店の人が誰だか知らないけど、いい子、と認めてもらえたって事かな?


広い道の端には、車がずっと数珠つなぎになっていた。
仕方がないので、隣のレーンで進むとすっといけた。
渋滞しているのは、高島屋のパーキングのせい。
私は別のパーキングにとめて、さっと高島屋に行く事ができた。

分析
高島屋はつまり楽しい所だよね。
待たずに、つまりそれほど苦労せずに、楽しい所にすっと行けたら、いいよね。


 エレベーターの扉が焼けてしまった。マンションの自分の家に戻ると、隣の奥さんが出てきた。バーバリーでばっちり決めている。その後から外国人のダンナさんが出てきた。
 奥さんが行ってしまった後に、私に仕事を手伝わないかと言う。外国の服を輸入する仕事らしいのだが、どうも、違法っぽい。部屋には他の人たちもいる。全部で五人。
 そのうちに、私の家との境界の壁がくずれて、誰かが覗くので、自分の家に戻る。そこには警察関係の五人の男の人たちがいる。そこで、隣の家の話をすると関心を示す。
 隣の家では何か都合の悪い事があったらしく、商品を窓から投げ捨てる。窓の下にいっぱいパンティが落ちている。私は欲しかったので貰おうかなーと思う。

分析
 全部夢を書き留めるために、随分朝寝をしてしまった。
 それで宅配の人の呼び鈴で目が覚めた。そんなに努力して書きとめた夢だけど、今のところ意味不明。
 でも、以前、マンションの隣の家から男の人が入ってくる夢を見た。何か関係ありそう。
多分、隣の外国人は、自分と違う価値観の象徴。興味あるけど、なかなか踏み出せない、そんな感じかな。


 友達二人とランチの約束をした。
 けれど、気がつくと寝ていて、五分遅刻してしまった。
 友達はそれ程おこってなかった。

分析
 コンタクトを取って欲しいと思っている友達がいるのだろうか?
 少なくとも夢に出てきた二人は、そうとも思えないけど。
 誰だろう?少しくらい遅くなってもOKって事だよね。


 黒い服を着た女の人。黒い服の男の人と夫婦。
 里帰りするときは、見つからないように、馬車の麦わらの中に隠れてお兄さんのところに行く。
 そのあとを、黒い服の男の人がつけている。

分析
 何となくアーミッシュを連想させる。
 黒い服を着た女の人は、多分、世の中の常識やしがらみに囚われた自分。
 そんな自分が誰にも気付かれないように、本来の自分に戻る一瞬がある、もしくは、戻りたい、という欲望。魂を開放すべきなんだけど、なかなか社会生活をしていると、難しいのかな。
 お兄さんって誰?

このページのトップヘ