夢分析

  夢分析 by ジェシカ
  自分で見た夢を、自己流心理学で分析しています!
  「夢は泥にまみれた金貨だ」という表現に本で出会いました。
  私にとってはインスピレーションの源です。
  夢分析を実生活に反映できたらな、と思ってます。

2006年08月


 実家にいる。布団がしいてあるけど、ゴミもいっぱい落ちている。
 掃除をして、そこに寝ようとする。
 品質の劣化した醤油が置いてあった。

分析
 多分、まだまだ心のお掃除が足りないんだな、と思う。


 本棚はよしのやの本棚なので、自分の本は飾れない。

分析
 よしのやって誰?


 学校に行く。本当は四時からなのに、少し遅れてしまった。
 下駄箱がどこかに行ってしまって、上履きにかえられない。
 仕方がないのでエレベーターに乗ると、それはバスだった。
 理科室みたいな所で、イギリスについて書きなさいと言われる。
 隣の男子は経済について上手にまとめている。
 私も上手に書けた。

分析
 学校に遅れるとか、靴がないとか、イギリスとか、今まで何度も夢に出てきている。
 シンデレラも靴をなくすわけだし、わたしにも、遅ればせながら、新しい靴が現われる、かな?


 ダンナと自転車の二人乗りをしている。
 前方に知り合いの女性が歩いている。
 さらに工事をしている場所があって、道の横は川になっている。
 でも、ダンナは落ちそうなぎりぎりの所を上手に通っていく。
 ダンナは女性に「おはようございます」と言う。
 私は振り返って手を振る。

分析
 まあ、ダンナが私という重荷を背負ってがんばって自転車をこいでくれているという事なのでしょうか。
 そして、通れなさそうな、困難な場所もがんばって通っていっているのか、これから通りぬけるのか、それとも、過去にそんなところがあったのか。
 いずれにしても、いい夢だと思います。


 仲のいい友達と、ユニットバスに入る。
 そこにその友達の女たらしのお兄さんがくる。
 友達は出て行って、お兄さんに、旅館のおかみみさんが、仕事を頼みたがっている話をする。
 私はその間にトイレで用を足し、お風呂に入る。
 外からお兄さんに裸を見られたらいやだなと思う。


 サラダバーの前に立っていた。知っている男の人が来たので移動する。
 レタスの上に私の長い髪が一本落ちていた。
 私は知らないふりをしていると、男の人は黙って取ってくれた。
 
分析
 自分の方が男の人にしてあげているといつも思っているけど、そうではないのかも。


 東に向いて歩いていたが、大きい交差点があったので、南に向かって歩き始める。
 ずっと下がっていくと、伏見の駅に着いた。
 切符を買って反対側に行こうとすると、立派な科学館があった。
 子供に行きたいかと聞くと、行きたいと答える。

分析
 自分の事かなって思ったけど、そうではなくって、子供達を科学館みたいな所に連れて行けって意味かな。


 昔のOL時代の時の男の先輩が、私のする事をじっと見ていた。
 
分析
 今は遠くに来ているから、会う事はないと思うけど、じっと見られている感じがする。
 今、どうしてるのかな。


 家族で教会の喫茶店にいる。私はそこで雑誌を借りたい。
 でも、もうすぐミサが終わってみんなが出てくる。混むのがいやなので、もう帰ろうという。
 前に来た時は、一人で懺悔室でミサを聞いていた。

分析
 今は宗教とは全く縁のない生活をしている。
 宗教がなくても、人間として納得できる道を進んでいたらそれでいいと思っているから。
 ただ、神のメッセージに耳を傾けるべきなのかも。


 トランプで娘と遊んでいた。なかなか終わらないのでおかしいなーと思っていたら、私が札をため込んでいた。
 その札には、古いトランプもまじっていた。
 だから、新しいトランプを買いに行こうと思う。
 道を歩いていると、ガソリンスタンドで子供達が野球をしていた。
 子供なので球も遅いのかな、と思っていたら、娘の友達の女の子だった。

分析
 娘は今、中学受験のために塾通いをしている。
 でも何か毎日が不健康な感じ。
 もうちょっと、発散できるような事を考えてあげるべきなのかな。

このページのトップヘ