夢分析

  夢分析 by ジェシカ
  自分で見た夢を、自己流心理学で分析しています!
  「夢は泥にまみれた金貨だ」という表現に本で出会いました。
  私にとってはインスピレーションの源です。
  夢分析を実生活に反映できたらな、と思ってます。

2007年10月


 夢じゃないんだけど、きのう、我が家には変な事が発生した。
 それは、洗濯し終わった洗濯物にいっぱいコナコナになった紙がついていた。
 ちょっとだったら、よくある事なんだけど、それが半端じゃない。
 どの服にも、びっちりついていて、すごい量。
 なんだか不思議でなんかメーッセージがあるのかな、とふと思った。

分析
 ツイテル!なんて・・・


 ダンナ(?)は付き合っているが、なかなかプロポーズしてくれない。
 私にプロポーズしてくれる人はいっぱいいるのにな、と思う。
 
 友達はバレンタインにはいっぱいチョコを配らないといけないという。
 私は大事な人だけにしときな、と忠告する。
 けれど、友達はみんなに配りたいという。

 研修仲間の四人で旅行に行く。
 ダンナは行くの?と言う。

分析
 まあ、プロポーズというか、好きだとか、そうゆう意思表明をしてくれた事って最近あんまりないかな。
 自慢じゃないけど、本当に意思表明をしてくれた人は、他にもいたんだよ!わかってるの??
 チョコは私は本当に必要最低限なんだけど、これからは、友達の意見も聞いて、適当にばらまいた方がいいのかな?


 母親が怒って私を残して、妹達を連れて家を出ていってしまう。
 けれど、妹が鍵を持ってきて、近所の人たちの戸締りをして欲しいという。
 隣の家の戸締りをしようとするがなかなかできない。
 いつの間にかフジサワ(男)さんが来る。
 フジサワさんが鍵を閉めようとするが、閉められない。
 私がやると鍵を閉める事ができる。
 中に入ると、心理学の問題が三つある。
 そのうちの二つは簡単に出来て、周りの人がびっくりする。
 その家の人も戻ってきて喜ぶ。
 
 最後の問題は、
 男の人が隙間時間にスカイダイビングしてもいいかどうか、
 という問題。
 答えはしてはいけない。
 これは、自信がなかったが、正解だと言われる。

分析
 この間、友達の悩み事を聞いていて、
 その話を聞いた上、その人間関係を分析してあげたら、
 なんだか、心理学者みたいって目を丸くされた。
 心理学って面白いな、と思った。
 これから、誰か他の人の問題を解決してあげる事があるのだろうか?
 その家の人も喜ぶってなってるしさ。

 最後の問題は、
 男の人は隙間時間に浮気をしてはいけないって事だね。


 ドアの開く音が頭の中ではっきりと聞こえた。

分析
 つい数日前にリビドーの扉が開いたか、とある人に聞かれた。
 その時はよくわからないままに、うん、と返事をしたのだけど。


 高級マンションに住んでいる。
 大きいお風呂に入って、次に寝室の横の小さいお風呂に入る。
 仙台から友達が来るので、迎えにいって、自分の寝室を使ってもらう。
 自分は学会に行かないといけない。
 どろぼうが入る。
 つかまえて、手首を縄で縛ろうとする。
 そうすると抵抗して、壁にピンクのペンキを塗る。
 今日、このマンションに引っ越してきたばっかりなのに・・。
 だんなが帰ってきて、汚れた壁を見ておこる。

分析
 よくよく考えると、友達が来て、私の寝室を使う所なんか意味深だよね。
 それで自分は出かけて行くんだから。
 だから、友達も泥棒も同じ人物で、我が家への侵入者なのかな?
 でもその割にダンナも怒っていたしな。
 そっかー我が家への侵入者は、男と女、両方いるワケね。
 って納得してる場合じゃないだろ!


 ランチバイキングをしている所を
 母親と通りぬける。
 揚げ物を一つとると、
 「隣のレストランで働いている者だけど、これ、貰っていいかしら」
 という。
 気がつくと、母親もお店の人と同じ制服を着ている。
 そんな事聞かれたら、困るんじゃないと思う。
 けれど、母親も律儀だから、聞かずにはいられないんだろうと思う。

分析
 朝は気がつかなったけど、
 これは天界の話ではないかしら。
 母親は同じ制服を着てるんだから、本当の母親じゃなくって、
 天界の私の守護霊(?)みたいな人。
 で、多分私と私の家族のために揚げ物(FRY)
 を貰ってくれようとしている。
 その揚げ物がいったい何なんだか・・・。


 10:15発の新幹線に乗ろうと思ってホーム下に来る。
 けれど、混んでいてなかなか上がれない。
 10:10発の新幹線も来る。
 やっとぎりぎりに予定の列車に乗る事ができる。
 でも、それは、旧式のボロボロ新幹線だった。
 友達と三人で立っている。
 でも、私は指定席を取っているんだ、というと、
 友達も自分達もそうだ、という。
 自分の席にいくと、人が座っている。
 けれど、次の駅で沢山人が降りていって、
 自分も座れる。
 座席番号は45bだった。

分析
 今まで電車に乗り遅れる夢は見ていたけど、
 今度はぎりぎり間に合う夢だから、
 とりあえず良かった。
 でも、ボロボロなのね。
 少なくとも、新幹線だからいいか。


 外人の男の人に赤坂見附にあるクリニックの場所を教えてもらう。
 そこで受付をしていると、いっぱいお菓子を貰う。
 いつの間にか、タイガくんとミっちゃんが来ている。
 奥にひっこんでいて、また受付に戻ると、
 今度はOL時代の苦手なおじさんが来ている。

分析
 この間も赤坂見附って出てきたし、何か意味あるんだろう。
 見附ってみーつけたって意味だろうか?
 受付してると色んな人達が来るんだけど、
 (例えばOL時代の苦手なおじさんとか)
 でも、そんな人たちともこれからは、上手に付き合って
 いかないといけないって事かな。


 高原のホテルで子供達向けの合宿をする。
 大人達も分担して泊まらないといけない。
 オカヤマさんの奥さんが部屋割りを決めているが、
 私は一番上の最上室にしてくれ、
 というが、無視される。

分析
 高原のホテルってよく夢に出てくるんだけどさ。
 何だろう。
 オカヤマさん、お願い、いい部屋に泊まらせて!!


 自分は女子大の四年生なのだが、今度歯科大学にも入った。 
 まだ全然行ってないので、今日行ってみる事にする。
 赤坂見附で降りて、タクシーに乗らないといけない。
 しばらく歩いてから、ヒッチハイクしようとすると、体の不自由な女の人が足でオープンカーを運転している。
 乗せてくれるのかと思ったら、にやにやしているだけで、そのまま行ってしまう。
 仕方がないのでタクシーを拾う。
 中年のおじさんが運転するタクシーだ。
 もう、歯科大学は通り過ぎたと言って、高級住宅地を迂回していく。
 そこはすごい下り坂になっていて、ジェットコースターのようだ。
 体が浮きそうになる。けれど、昔、友達のおばあちゃんの家があって、来た事があると思う。
 その運転手は車の中で横になったかと思うと、大きくなった男根を見せる。
 私はもう見慣れているので、動じない。
 歯科大の六階にある受付に行って、講義をしている場所を聞くと、七階だと言う。
 そのまま階段を上がって七階に行く。
 最初入ったクラスで聞くと1Hだと言うので、出てくる。
 隣のクラスでは1Gだと言うので、中に入る。
 イスに座ると、クラスの人が私と先生をくっつけようとするので、
 自分は結婚しているのになーと思う。
 でも女子大出た後で、こうやって第二のキャリアを積めるのねーと思う。

分析
 何故歯科大?
 うーん、大学を出てからもう相当たっているぞ。
 今さら歯科大でもないと思うんだけど。
 それはともかく・・・
 六階から七階に上がれたんだから、人生レベルアップしたって事だよね。
 もしかして、自分はヒーラーになるのかもって思う時があるんだけど、
 関係ない?
 
 

このページのトップヘ