夢分析

  夢分析 by ジェシカ
  自分で見た夢を、自己流心理学で分析しています!
  「夢は泥にまみれた金貨だ」という表現に本で出会いました。
  私にとってはインスピレーションの源です。
  夢分析を実生活に反映できたらな、と思ってます。

2008年02月


 ある所に行くのに隣のホテルをとおりぬける。豪華なレストランで友達一家が朝ご飯を食べている。
 友達が朝ご飯食べる?ときくので、朝ご飯は食べない事にしている、というと、納得してくれる。
 
分析
 せっかくさそってくれたんだから、食べたらよかった。
 でも次には、夕食にさそって欲しいなー。


 デパートの文房具店でバインダーを買おうと思う。
 商品券で買おうと思ったが、バインダーは170円ではなくて、
 1700円だった。
 だから、3個ではなくて2個買おうと思う。
 書類がパンパンになるけど、いいの?と言う、
 が、商品券思ったよりは沢山あった。
 娘が本屋さんに行きたかったというが、
 どうするの、と聞くと、
 もういいという。
 いつの間には、文房具屋さんがあられ屋さんになっていて、
 おじさんがレジに行く間、
 陳列されているあられを見ている。

分析
 バインダーと言うよりか、ホルダーの事かな、と思ったりして。
 書類というか、文書を書き溜めておける所を作っておきなさいって事なのかな?
 
 


 白髪のおじさんが、丸太を切ろうとして、こんにちは、と言う。

分析
 意味は全然わからないけど、こんにちは、って言葉は耳の中ではっきり
 聞こえたよ。
 なんか不思議。


 湖のほとりの静かな学園に来ている。森の中の道を通って寮に行く。
 自分達の部屋は七階にあって、途中まではエスカレーターがあるが、そこから先は落ちそうでこわい。
 人気者の人と一緒なので他の人が追いかけてくる。ので途中の部屋に隠れる。
 自分達の部屋にはテレビがあるので他の人たちがどんどん入ってきて、テレビを見ている。

分析
 これからは、プライバシーがなくなるって事なのかな。


 外人のおばさんが、看板を見て、これが一番安いツアーだから行くといい、という。

分析
 お風呂の中でうとうとしてて見た夢。
 実は今度激安ツアーに行くんだけどその事かな。それとももっと別の事?


 友達と一緒に学校で待ち合わせをする。
 ランチルームに行ってもいない。
 ケータイを見ようと思うがなかなかメールの画面が出ない。
 困っていると、メールの画面の見方を教えてくれる人がいた。
 5番の門の所で友達が待っていて、すぐそこだった。
 シチューがあって、それを暖めて食べなおそうと思うが、
 野菜の皮がかたいので、もう一度取り出して、皮をむく。
 一つ、ブラシで取ってしまって、髪の毛がついてしまった。
 自分の下駄箱がどこか探しているが見つからない。
 三年生の下駄箱には白いハイヒールが入っている。

分析
 すぐそこに、大事な友達が私の事を待っている、そんな気がする。
 でも、まだその人からのメールも見れてないし、
 5番の門がどこかもわからない。
 白いハイヒールって何?
 そんなのを私が履くようになるって事?
 
 多分、今台所にある残り物のシチュー、
 食べない方がいいよって事なのかな??


 ダンナと一緒にヨーロッパを旅している。
 はぐれてしまって一人で人に今いる場所を聞いたりする。
 また再会できて、今度はオリエント急行のような
 列車にのる。
 でも、ずっと乗っていると、レバノン(中東)まで行きそうだ。
 隣のコンパートメントのトイレを借りる。

 ダンナのおばあちゃんがハンコをなかなか
 替えなかったと言って怒っている。

分析
 ダンナと仲直りする話かな、と思ったけど、
 レバノンってこんな国だ
 
レバノン

英語のサイトを見ていると、5千年の歴史があるみたいで、
  文化的な意味の夢なのかもね。
 とにかく、少しだけ賢くなったような気が・・・。


 駅に向うバスに乗ろうと思う。
 しかし、一本で直接駅に行くバスがない。

分析
 まあ、そんな物でしょう。
 だから、慌てずに、ゆっくり駅の方に近づいていったらいいんですよね。


 オーケストラの練習の合宿に来ている。
 みんな練習しているけど、私は具合が悪くて寝ている。
 もう直ったような気がするけど、
 とにかく今は帰るようにしようと思う。
 明日は必ず来るから、と思う。

分析
 無理は言わないから、
 明日は必ず来て、練習に参加しないとね!


 服が置いてあった。
 しかし私には小さすぎて着れない。

分析
 実際私は手足が長いので(自慢か??)
 普通の服が着れないって事は十分にありえる。
 もしも心の事を言っているんだったら、
 私に用意されている服では十分では
 ありませんって事なんだろうなー。

このページのトップヘ