夢分析

  夢分析 by ジェシカ
  自分で見た夢を、自己流心理学で分析しています!
  「夢は泥にまみれた金貨だ」という表現に本で出会いました。
  私にとってはインスピレーションの源です。
  夢分析を実生活に反映できたらな、と思ってます。

2009年05月


夢で会社にいる。
辞める時、石井さんに
海外のお財布とオーストラリアドル(200ドル?)
を入れてあげる。
お世話になりました、と挨拶する。
親もとで暮らしているので、お金に余裕があるのだろう、
と言う。

分析
会社を辞めるのが、私なのか石井さんなのかわからない。
けれど誰かが海外(多分オーストラリア)に行くのかも。
そう言えば、老後はオーストラリアで暮らす予定だと言った
友達がいたけど。


 みんなで遊園地のプールに入っている。
 すると鮫が放流され、
 私のところにずっといるので、怖かった。
 しかしとうとういなくなった。

分析
 検索してみると、鮫、って人間関係の葛藤みたいなのの象徴らしい。
 葛藤っていうのは最近ないけど、悩みかしら。
 悩みから開放されるっていうんだったらいいなー。


 タレントがいて、その人は家の中でも何でもこまかく歩き回る

分析
 最近、何かいい簡単にできる運動法はないかなと思っていたので、
 それに対しての答えだと思う。
 つまり、家の中でもいいから、とにかく歩き回る事!


 異国の地に嫁に来ている。
 養蜂をしている。
 それにあたっては何か儀式がある。
 本を見ながらしきたりを守ろうとする。
 娘と男の子で本を見ながらそのしきたりをするように言う。
 子供たちがいなくなったので、
 やはり日本から来た弟嫁が
 「お話してもいいですか」
 と寄ってくる。
 弟嫁は完全な歯をしている。

分析
 検索してみると蜂の巣の夢は家の財産を象徴するらしい。
 それを娘とか次世代の人たちが守っているので、
 娘の代になったら、財産を増やしてくれるって事かな、と思う。
 


 JRの旅から帰ってくる。
 帰りは私は私鉄で帰るのだが、
 先輩がJRと私鉄を乗り継いで帰る方が早いという
 ので先輩と一緒にJRに乗る事にする
 いつの間にか列車が来ていて、先輩はもうホームに来ている
 私はホームの反対側から車掌さんに
 もう間に合わないから、ドアを開けてくれと頼んで
 ぎりぎりすべり込む。
 先輩の駅で降りると、それはすごく田舎で、
 一緒に歩いていると畑に
 大きい毒キノコととても太い大根が植わっている
 先輩はこれは毒だからといって、
 全部キノコを抜いてしまう。

分析
 なんだかんだ言って実家の事みたい。
 実家は東京から私鉄で行くのが早くって、
 JRを使うとかえって遠回りになる
 で、駅を降りると確かに田園風景が広がっている
 でも毒キノコと太い大根は意味不明・・・


 ホテルで同窓会をする。
 三菱系の会社に勤めている人たちが主に
 幹事をしてくれる。
 三菱だったらツカちゃんもそうなんだけど、と言う。

 庭園にある、小さいログハウスに向かって三人で歩きだす。


 どこからかバス旅行で帰ってくる。
 ターミナルでみんな降りてしまうが、
 私にはまだ行く所がある。
 チケットを確認する。

 大きい蚊を殺そうと思って、
 引き出しに入れる。
 羽が手にくっついてなかなかとれない。
 それでもなんとか、引き出しにこすりつけて、
 閉めながら、殺虫剤を噴霧する。

分析
 みんなが終わりと思った所が、自分の旅の始まりだった、という事でしょうか。
 なんだか、インフルエンザにかかった高校生の女の子の話のようにも思いました。
 確か、成田からバスでターミナル駅まできて、
 そこからまた電車に乗って家に帰ったんだよねー。
 それにしても、チケットを確認している、って所が、
 人生このままでいいのか、確認しなさい、って意味だったらどうしよう。
 
 蚊を殺す話もなんだか怖いですね。
 自分を殺すって意味でなければいいんだけど・・・。

 


 稲城市の旧市街に友達を連れていってあげる
 古いお城みたいな建物があって、
 私は面白いのだが
 友達はつまらなそうにしている

分析
 稲城市は昔住んでいた所、
 それが夢に出てきたという事は・・・
 小学校の時の同窓会でもあるのでしょうか。
 同窓会をするって噂があるので。


 羊がいっぱいいて
 それについてレポート書きなさいと言われる
 色んな種類の羊がいるのはいい事だと書く

分析
 羊っていうのは神話的要素があるんですよねー
 元々神話が好きなので、
 もっともっと神話を極めなさいという事かもしれませぬ。


 これから福島の研修所にいかなくてはならない

分析
 福島が何を象徴するのか見当がつきません
 ただし、友達が住んでいる所なのですが・・・
 その友達とこれから縁が深まるという事でしょうか?

このページのトップヘ