夢分析

  夢分析 by ジェシカ
  自分で見た夢を、自己流心理学で分析しています!
  「夢は泥にまみれた金貨だ」という表現に本で出会いました。
  私にとってはインスピレーションの源です。
  夢分析を実生活に反映できたらな、と思ってます。

2010年09月


 講義に出席しているが
 自分だけ机の反対側に座っている
 その方が楽だから

 先生がきて、みんなの胸に名前シールを貼っている

分析
 目が覚めた時は
 「なんてあまのじゃくな私!」
 と思いましたが、 
 もしかしたら近いうちに
 講義を受ける方ではなくて
 する方に回るという事かもしれません


 ホテルからゴミを出そうとしている
 しかし指定ゴミの袋を間違えて何度もやり直す。
 なんとかゴミを出す事ができるが
 娘は手伝ってくれない

 別の夫婦が早朝散歩に行ってきて楽しかったという
 
 同じ部屋にいた人がテレホンカード入りの名刺をくれようとするが
 もったいないから、と断る
 しかしやっぱり気持ちを無にしてはいけないので
 受け取る事にする

分析
 何だかよくわかりませんが
 ホテルという場所にこれただけで
 いい事なのでは、と思います

 今どきテレホンカードはないと思いますが
 誰かが私に連絡してほしいと思っているのではないか、
 とふと思いました


 ホストパーレンツが泊まりに来ている
 きのうは母が朝ごはんを出したので
 今日はあなたがして、と言われる
 コーヒーなどをだすが
 準備に手間取って
 さめてしまう

分析
 実際自分が朝コーヒーだけなので
 あまり朝ごはんの支度などしない今日この頃ですが

 でも一日のスタートという事で
 きっと準備に時間をかけないさい
 という事なのですね

 ホストパーレンツなので
 きっと外国の事

 そういえば、英語で書いていたブログが今月末で閉鎖されるという事で、引っ越し先を探していたのだけれども
 何もしていませんでしたね。
 反省!
 


 いつもと違う美容院に行く
 するととても短く切られてしまう

分析
 先日娘に300円で髪の毛を切ってもらったので、
 実際には当分美容院に行く事はありませんが。(ワンレンなので)

 髪は女の命、といいますが
 私はどちらかというと男っぽい事が好きな性格
 例えば、パソコン好きだったり、腕時計好きだったり
 だんだん服とかもマニッシュなのが好きになってきました
 
 どんどん男性化していってしまうのかも
 それもいいかも、と否定しない自分が怖いです!


 家の隣がスキー場で、近所の人に解放している。
 今年ももうリクエストがあったので、今日から解放している。
 
 弟がきのうの恰好のままで滑っている。

 娘がいじけてスキー場のすみの方でじけて座りこんでいるので
 近くに咲いている花の中に、大きな声で
 娘の名前を呼ぶと、
 娘の機嫌が良くなる。

分析
 
 スキー場って、真っ白だし、なんだか天国みたいですね。
 近所の人に解放できるような場所はありませんが、
 せめて、伸び放題の花壇で近所の人が、ミニ森林浴してもらえれば、とは思っています。

 弟がきのうの恰好のままで滑っている・・・・
 のは、古い感性をそのまま引きずっている、という事でしょうか。
 気をつけなければ。
 弟ってダンナの事かな??

 昔、大好きなお料理研究家が、
 誰も綺麗だよ、って言ってくれないから、
 自分で鏡の中の自分に言っていると、言っていました。

 それと同じで、自分の名前を使って語りかけると、自分が機嫌良くなるのかもしれません!!


妹がダイエット茶を持っているので
どこで買ったか尋ねると
スーパーで買ったという

分析
ダイエット茶ではありませんが
先日健康茶をいただいたので
明日はそれを飲んでみたいと思います


それとは別に、今、できるだけ物を減らそうと思っています


 特急列車に乗る
 席が空いて座れたと思ったら
 別の人たちがきて
 座らせて欲しいという
 

分析
 特急列車に座っていけたら楽ですが
 たとえ立ちっぱなしでも、
 目的地につければいいです。
 
 自分の目的地にたどりつくのは
 楽じゃないぞ、って事でしょうか


 アメリカの家にいく
 弟と妹がいる
 ホストファーザーが案内してくれる

分析
 これからアメリカに行く機会があるのかもしれません・・・


 日本中がzaraだらけになる
 
分析
 スペイン系のファーストファッションのお店だと思いますが
 zaraに限らず、
 ファーストファッション系になっているのは真実ですね


ケーキ屋さんに行って
白いチョコレートの詰め合わせを
二千円で作って貰う
分析
今になって見返すと
白いチョコレートは何の事?と思います。 甘いお菓子なのでいい事なのでしょう

このページのトップヘ