夢分析

  夢分析 by ジェシカ
  自分で見た夢を、自己流心理学で分析しています!
  「夢は泥にまみれた金貨だ」という表現に本で出会いました。
  私にとってはインスピレーションの源です。
  夢分析を実生活に反映できたらな、と思ってます。

2012年05月


脱衣籠を買いにいかなくては
と思っていると、
目の前に丁度いい大きさの物が売っている

分析
実際本当に脱衣籠を買おうとは思っているのですが
そうではなくて、
今が変わる時ですよ
と無意識が教えてくれている気がします


講義を聞きに行き
教室の隅でゆっくりしていると
いつの間にか席がなくなりそうだったので
あわてて端っこの席に入れてもらう

分析
きのう、実はある研究者の講演を聞きにいったのですが
とても良かったので
これからもどんどん聞きにいこうと思いました!


研究室にいる友達に
将来どうするの?と聞くと
「ずっとここにいる」というので
教授になりたかったのだな
と思いびっくりする

分析
その友達とは私の事でしょうか
確かに昔は理系の研究室におりました
教授になりたかった、のかどうか、疑問ですが
今でも、何か理系の事で
世界に役立ちたちという気持ちは持っています

その気持ち、忘れないようにしなくてはいけませんね!


車を修理に出す
お店の人にあと一時間半ぐらいかかりますがどうしますか
と言われる
待ちます、と答えるが
時間があるので家に帰って
夕飯の支度でもしようかなと思う
回りは荒野だ

分析
回りが荒野だったら夕飯の支度になんか帰れませんね
この際、この間に
荒野を歩いて心の洗濯でもすべきだと思います


テニスの帰り道
ラケットを持って歩いていたら
大丸の横で
制服を着てたっている人たちがいっぱいいた
北京に駐在している友達だったので思わず
「明日から北京に行く」
というと友達が
「じゃあ、北京で会おう」
という
しかし良く考えたたら明日から行くのではなかった

分析
今年の夏に北京に行くのは本当ですし
北京に駐在している友達がいるのも本当です
が北京というよりは
北の京、と考えた方がいいのかもしれません
例えば東京とか・・・・仙台とか札幌とか・・・


母が紙に真理を書いた紙を何枚か渡してくる
私はいいなーと思って読んでいると
誰かがそれを写させて下さいという

するとダンナが写す価値はないという

分析
母なる大地からの真理のメッセージですね
色々人によって意見はわかれるとは思いますが
私は、それを読んでみたいと思います
どうやったらそのメッセージを受け取れるのでしょうか


広い場所にテーブルとベンチがあり、沢山の人々が座っている
若い男の人が娘を連れていってテストをしていいか、と聞くので
どうぞ、と答える
後で結果が良かったと言って見せてくれる
ありがとうございます、と言って出ていこうとすると
どうぞこの部屋を使って下さい、と言われる

待っている間
女の子のグループが私の隣にすわり
私のカバンの中を勝手に触って
本を取り出し投げ捨ててしまう

私は怒って
「あっちいけ」
と何度も言う

分析
娘のテストの結果が良かったのは
何かいい事の前兆であり
部屋を用意してくれたという事は
人と違う生き方があるよ
と教えてくれているように思います

ただ、本を投げ捨てられたのは
私が本を読んだり
本屋さんでうろうろしている時間が長いので
いい加減にしなさい!
と無意識に忠告されているような気がします。

では何に時間を使うべきなのか、と考えた時
もっと物事を追求したり、考えたりする事に
時間を費やすべきじゃないかな、
と最近思います


夏休みだけ女性の歯医者さんに行く
かなり削られてしまったので
もうこの歯医者さんにはいかず
男の歯医者さんの所に行こうと思う
待合に人がいっぱいだ
薬をもらう

分析
夏休みだけ特別な事をしない方が良さそうです
でも、沢山人がいっぱいいるって事は
この女性歯医者さんを頼っている人たちは沢山いるのですね
人と同じ事をしようとすると
身を削られるだけなんでしょう!

夢 
連休に急にスキーに行きたくなり
いきなりゲレンデの近くの駅まで電車で行く
駅においてあるパンフレットを見て宿に電話するが
「ここは柳旅館だ」という。
番号違いに気がつき、行きたかった旅館に電話すると
部屋は空いているという。
ただ迎えにいく車がいっぱいだと言い、
電話の向こうで沈黙が続く。
電話を切ろうかどうか考えていると、
いつの間にか旅館についている。
娘が先に行っていて
お姉ちゃん達に
「かわいいー」と言われる。

分析
スキー旅行=好きな事 、でしょうか。
連休だからとか、あれこれ理由をつけなくても
行きたい所にとりあえず行ったら、
後はどうにかなるもんだな、
と改めて思いました。

電話の向こうが黙ってしまっている所が
深層心理の存在を感じます
言葉にして私たちにメッセージを送ったりはしないけれど
ちゃんとつながっているから大丈夫だよ
と教えてくれているのでしょう!


旅行の帰りに荷物をいっぱいつめている
ダンナと娘は荷物がいっぱいあるが
私は手ぶらだ

分析
荷物=人生の悩み事
でしょうか

もうなるようにしかならない、と心を決めたら
荷物のない、
気ままな暮らしができますね!
私の理想です。

このページのトップヘ